ryosukelog

〜より快適な生活を求めて〜

 年金はいくら払う?国民年金保険料の月平均額・免除・割引について

f:id:khrrtrrt:20200310232517j:plain
今年から大学生や専門学生になる方、「学生は年金払うの?」

と疑問に思う方も多いのではないでしょうか。

実際には、20歳から「国民年金」というものを払わなければなりません。

今日はその「国民年金」の額について紹介します。

国民年金保険料を払う必要がある人は案外少ない

国民年金は、日本国内に住所を有する20歳以上の人であれば、全員加入しなければならない仕組みです。

しかし保険料を払う必要がある人は案外少なく、加入者全体の3割程度です。

というのも、厚生年金制度に加入している会社員や公務員の人々については、厚生年金保険料の中に国民年金保険料が含まれています。

また、これらの人たちの被扶養配偶者についても保険料を払う必要がありません。

国民年金保険料を支払う必要があるのは誰かと言うと、自営業、学生、無職の方が該当します。

案外少数派ですよね。

国民年金保険料は毎年16000円/月 程度

令和元年の国民年金保険料は16410/月です。

国民年金保険料は毎年変わります。

 ・平成27年度 15590円/月

 ・平成28年度 16260円/月

 ・平成29年度 16490円/月

 ・平成30年度 16340円/月

 ・令和元年   16410円/月

国民年金については平成29年まで段階的に引き上げられ、平成29年度に16900円で固定されました。

ただ毎年度賃金上昇率を加味した保険料改定率を乗じて、その年度の額が最終的に決定されるため、金額に差が生じています。

ちなみに、平成29年度については、16900円×改定率(0.976)=16490円

平成30年度は、16900円×改定率(0.967)=16340円となります。

国民年金ができた当初(昭和36年)は、月100円(35歳未満)でした。

厚生年金や共済年金の保険料は報酬額に比例するシステムですが、国民年金については、所得にかかわらず全員一律です。

そういう意味では、シンプルでわかりやすいシステムとも言えます。

国民年金独自の保険料免除制度とは

先ほど説明した通り、国民年金の保険料は所得にかかわらず全員一律です。

無職や所得が少ない人だと支払いが困難な場合もあるでしょう。

そのため、所得に応じて保険料を全部または一部免除する制度があります。

具体的には、以下のように所得に応じて用意されています。(平成30年度)

 ・全額免除=支払い保険料0円

 ・4分の3免除=支払保険料4090円

 ・半額免除=支払保険料8170円

 ・4分の1免除=支払保険料12260円

ただし、免除される期間の年金額は、保険料を全額納付した期間に比べると少なくなってしまいます。

実際、国民年金の納付率は6割ほどでしかありません。

「未納」は先ほどの「免除」と比べ、将来の年金でも不利益な取り扱いとなることも少なくないため、免除申請は忘れずにしましょう。

前納や口座振替国民年金保険料の割引もあり

毎月の保険料ですが、前納や口座振込で保険料が割引になる制度があります。(割引額はいずれも平成30年度)

 ・現金で1年分前納 年間3480円の割引

 ・口座振替で1ヶ月早く払う(早割) 年間600円の割引

 ・口座振替で1年分前納 年間4110円の割引

口座振替1年前納(半年前納も)は前もって申し込みをしなければなりません。

1年前納、6ヶ月(4月〜9月分)前納については、2月末となっているので、事前に準備をしておきたいですね。

まとめ

いかがだったでしょうか。

国民年金について少し理解いただけたと思います。月に約16000円はなかなか大きい出費ですよね。

特に学生の方は、全額免除を受けることもできるので、免除を受ける場合は早めに手続きをするようにしましょう。

→→手続き方法はこちら