ryosukelog

〜より快適な生活を求めて〜

バイトの休憩時間のルールについて

f:id:khrrtrrt:20200314002838j:plain

こんにちは。

バイトの休憩時間のルールがあることを知っていますか?

知らない方はぜひこの機会に覚えておいてください。

そして、もし今現在のバイトで休憩をもらえていない方がいたら、きちんと店長に言うようにしましょう。

バイトの休憩時間は「労働基準法」で決められている

バイトの休憩時間にも規則があり、「労働基準法」で定められています。

労働基準法」では、勤務時間が6時間を超える場合は45分の休憩を、8時間を超える場合は、1時間の休憩を取ることが義務付けられています。

バイト先で、6時間を超える勤務で休憩が与えられていない場合、それは法律違反になります。

バイトには、勤務時間に見合った休憩時間を取る権利があり、どの職種であろうとその権利が失われることはありません。

休憩時間が取れないと、集中力が下がったり、疲労で効率が下がったり、時には体調を崩すこともあります。

事故につながる可能性も高まり危険です。

自分の体のためにも、職場の生産性のためにも、必ず休憩時間を取るようにしましょう。

また、休憩時間は労働しているわけではないので、賃金は発生しません。

このことも「労働基準法」で定められています。

しかし、休憩時間とは別のトイレなどの短い時間については、賃金が引かれることはないでしょう。

あくまで賃金が支払われないのは、会社の就業規則労働契約書やシフト表などで定められた休憩時間です。

この場合、残業手当と同じ扱いがなされ、賃金が支払われます。

1日の労働時間が8時間を超えるようなら125%の残業手当が支給されます。

→→残業代、各種手当についてはこちら

まとめ

いかがだったでしょうか。

「こんなこと知らなかった」

「休憩時間本当に守られてる?」

と思った方はこの機会に確認してみてください。

もらうべき休憩はもらいましょう。