ryosukelog

〜より快適な生活を求めて〜

泊まり込みバイトのメリット・デメリット

f:id:khrrtrrt:20200126204141j:plain

泊まり込みバイトについてメリット・デメリット、仕事内容について紹介します。

 バイトの中でも泊まり込みバイトは非常に魅力的です。

 

泊まり込みバイトとは?

泊まり込みバイトとは、その名の通り泊まり込んでバイトをすることです。よくあるのがスキー場や海水浴の海の家などです。大学生にはとても人気です。

そのため採用されるのは他のアルバイトよりも難しいです。また、母体数の少なさが採用が難しい要因の一つです。

仕事内容

泊まり込みスタッフというのは夏休みや春休みを利用してスキー場や海の家などに住み込みで働くアルバイトです。

泊まり込みバイトの仕事はその施設によって異なりますが、基本的に接客、施設の運営・掃除がメインです。長期休暇の仕事ですので、各施設とも非常に混雑し忙しい仕事です。

時給

時給は900〜1000円のところが多く、何日も続けて働くことができるので1回の長期休暇の間にたくさん稼ぐことができます。

泊まり込みバイトのメリット

たくさん稼げる

時給900〜1000円のバイトで一ヶ月以上ほぼ毎日働くことができるため、効率が非常に良いバイトです。

しかも泊まり込みバイトは基本的に宿泊代、光熱費、食費はほとんど雇う側が提供してくれるので、その間の出費は抑えることができます。

長期休みだけで30万以上稼いだ人もいました。

貴重な体験ができる

泊まり込みで働くのは貴重な体験をいくつもすることができます。しかも、一ヶ月という長期休暇が取れるのは大学生だけなので、学生のうちしかできないとても貴重な体験になります。

スキー場バイトでは、休みの日はリフト乗り放題なので、スキーやボードを練習したい方にはとっておきのバイトです。

働きながら思い出を作りたい、青春したい学生はぜひおすすめなバイトです。

友達ができやすい

泊まり込みのバイトは常にバイト仲間と共に生活します。バイト中もですし、バイト以外の生活も共にします。ですので、仲良くなるまでの時間の短さや親密度は他のバイトと比べ物になりません。

もちろんほぼ全員大学生のスタッフですので、バイトで出会った仲間とその後も遊んだり、交流を持つこともできます。

また、全国各地から集まるので、各地方の友人を作ることができます。いろんな地域の話が聞ける点も良いです。

泊まり込みバイトのデメリット

体力勝負

泊まり込みバイトは海の家、スキー場などの整備から掃除まで全て任されます。

大きな機材を運んだり、広範囲の場所を掃除するといったように力仕事が多い場合もあります。 

体力に自信がない人はちょっと大変かもしれません。

バイト期間が長い

泊まり込みのバイトは長期間仕事することを求められます。

バイト期間が2ヶ月、長いと半年になるところもあります。 

単位を取り終わった学生や休学中の学生は良いですが、普通の学生はそんなに長い期間休みを取ることはできません。

中には1週間〜というバイトもありますので、求人情報はこまめにチェックしましょう。

採用が難しい

上にも書きましたが、このアルバイトは大学生にとても人気があり、全国から応募があります。そのため競争率は非常に高いです。

また、特に人気のバイトはそのバイト先の経験者が優先されることも多いので、初めて泊まり込みのバイトを応募する人は積極的にたくさん応募する必要があります。

一度泊まり込みのバイトをすれば、次年時の採用確率が上がるので、自分の行きたい施設は挑戦しましょう。

泊まり込みのバイトは早い者勝ちな部分もあるので、長期休暇が近づいたらこまめに求人情報をチェックしましょう。