ryosukelog

〜より快適な生活を求めて〜

家庭教師バイトの仕事内容徹底解説

 

f:id:khrrtrrt:20200122000115j:plain


この記事では家庭教師バイトを4年間していた私が体験談を交えながら仕事紹介します。

結論から言うと、家庭教師のバイトはオススメです!

家庭教師は一言で表すと空いた時間に高時給で稼げるバイトです。

とても効率がいいです。

私の経験をもとに、家庭教師バイトとは何をするのか、何が必要なのか等の紹介をしていきます。

 

・家庭教師の仕事内容

家庭教師バイトの仕事内容は全部で4つ

家庭教師の仕事内容は大きく分けると4つです。 

1、学校の宿題などの質疑応答

2、生徒に合った課題を出す

3、勉強法の相談に乗る

4、勉強のモチベーションを上げる

1つずつ説明していきます。

1、学校の宿題などの質疑応答

メインの仕事は学校の宿題でわからないところを教えることです。

学校の授業についていくために家庭教師をつかっている生徒が多かったです。

高校で言う補習に近いです。

受験対策をしたい生徒には、志望校の過去問の解説などもおこないます。

生徒のやりたいこと、ニーズに合わせて授業します。 

教えている中で基礎ができていない場合は、生徒のつまづいているポイントまでさかのぼっていきます。

質問内容を理解するところからとことん付き合うイメージです。

2、生徒合った課題を出す

生徒に適切な課題を出していくことも大切です。

家庭教師は1対1での授業になるので、その子に合わせた授業をすることが求めらています。生徒が足りないところを理解して、そこを補強するための宿題を出しましょう。

3、勉強法の相談に乗る

家庭教師を使う生徒は、自習の習慣がついていない生徒が多いです。

そんな子たちに「勉強の仕方」を教えるのも仕事の1つになります。

多くの生徒は勉強法が確立できていません。その手助けをします。

私は数学と英語を主に教えていましたが、違う教科の相談を受けることもありました。

自分が受験勉強をしていない科目についてはうまい回答ができないものです。なので、大学の友人にアドバイスをもらったり、自分で調べることもありました。

きちんと向き合って対応すれば、即答できなくても問題はなかったので、ここは大きく心配することはないと思います。

4、勉強のモチベーションを上げる

「勉強したい!」と生徒に思わせることも大事。

高校生活や大学生活の話をして憧れや希望を持ってもらうために、雑談をすることもありました。 

生徒のモチベーションを上げると成績アップにも繋がるのでとても重要です。

・時給

家庭教師バイトの時給は個人契約だと2000! 

家庭教師バイトの時給は派遣先を通すかで変わります。

家庭教師を派遣する会社を通す場合は、だいたい時給1000〜1500円。

派遣会社に半額ほど手数料が取られてしまうからです。 

私のオススメは、個人で契約すること。知り合いのツテを使って直接契約することで時給を上げられます。私は1回2時間、週2回で月謝3万2000円でやってました。

時給換算すると2000円なので少し高めです。

さらに、生徒の成績が上がると時給がアップすることもあります。

個人契約は時給があがる上に、会社に報告したりする面倒な作業がなくて気楽です。

生徒側も会社への手数料がなくなって、結果安く利用できるのでお互いメリットが多いですよ。

個人契約したいけどツテがない、、、という方は、まず会社を通してみましょう。 

友人は派遣先に紹介してもらいって半年〜1年くらい働き、信頼関係ができたところで個人契約の提案をしていました。生徒は、信頼している先生からの授業をより安く受けれるので喜んでいたそうです。

私たちの収入も増えるので、お互いメリットですね。

家庭教師バイトは4年制大学なら学歴はOK 

私の学歴で家庭教師はできるの?と疑問を持っている方も多いようです。

しかし、基本的に4年制大学以上の学歴があれば家庭教師はできます。

家庭教師の求人が多いのは中学生相手仕事なので、得意科目で中学レベルを教えられればOKです。

また、勉強する習慣のない小学生に、楽しく教えて欲しいといった依頼もあります。こういった依頼はどちらかというと人柄が求められるので、学歴はそこまで関係ありません。

ただし、もちろん学歴が高い方が有利になります。

特に難関校を目指す生徒の場合は、生徒が目指している以上の学歴がないと、仕事を受けることができません。

学歴によって時給を変えている派遣会社もあるようです。

また、個人契約を目指す場合は学歴があった方が良いです。

 

・実際の体験談

ここでは、私が実際に家庭教師をやっていたときの1回の授業の流れについて紹介していきます。 

19:00〜 おうち訪問

19:05〜 先週出した宿題の解説

19:35〜 学校の宿題の相談

20:00〜 10分休憩

20:10〜 課題の解説と宿題を出す

21:00〜 終了(月1程度で保護者に10分ほど進捗報告)

学校の復習中心だったので、0から新しいことを教える必要はありません。

授業が全く理解できていないときのみ、講義型で授業していました。 

だいたい半分のところで休憩をとって、雑談。最後にもう一度集中して勉強というスタイルでしたが、ゆるくやっていました。

基本的に授業の内容を理解できるようになればいいので、雑談長めの日もありました。

生徒の運動会や文化祭の前はお休みになることもあり、月に5回ほどしか授業がないことも。

 

バイト探しは塾講師JAPANで検索

 

アルバイトをお探しの方は塾講師JAPANがおすすめです!

・業界初「安心塾バイト認証制度」を取得!

Amazonギフト券5000〜30000円分がもらえる

・掲載教室数No1

採用でAmazonギフト券が最大3万円もらえるのは嬉しいですね!