ryosukelog

〜より快適な生活を求めて〜

バイト応募の電話のかけ方・ネット応募のまとめ

f:id:khrrtrrt:20200304233256j:plain
こんにちは。

バイトを始めようと思って、バイトの応募をするとき緊張しますよね。中には2回目、3回目でも緊張する方もいると思います。

今日は、話し方や、かける時間など、応募の電話のかけ方やネットでのWeb応募の仕方を紹介します。しっかりチェックして不安を解消してから問い合わせをしましょう!

バイト応募での「電話のかけ方・時間帯・マナー」について

応募電話をする前に、「面接に行ける時間」や「メモの用意」など、事前準備をします。

また、電話をかける時間は、求人情報に記載された受付時間内ならOK。

記載がない場合は、下記の一覧を参考に、忙しい時間を避けて電話しましょう。

⚪︎かける前の「チェック項目」

 ・応募する「求人情報」

 ・メモ帳、ペンなどの書くもの

 ・自分のスケジュール(面接に行ける日)

 ・スマホや携帯の電波状況

 ・周囲の状況(雑音が少ない場所か)

⚪︎電話をかける「おすすめの時間帯」

 ・オフィス系 10〜12時、13〜16時

 ・飲食系 14〜18時

 ・コンビニ 9〜12時、14〜19時

 ・スーパー 13〜16時

「おすすめの時間帯」詳しくはこちら

バイト応募電話での「質問事項」と「トーク例」

バイトの問い合わせ電話は、誰でも緊張するものです。採用担当者と、「募集しているか/面接の日程/当日の持ち物」など面接に向けた確認内容や、場合によっては「シフトや仕事内容が希望かどうか」など、正式に応募を申し込むかの情報を得るために電話する人もいるでしょう。

電話でまごまごしないよう、質問内容や話し方をシュミレーションしておくと良いでしょう。

⚪︎問い合わせで確認する質問事項

 ・まだ募集しているか

 ・勤務時間やシフトが希望と合うか

 ・面接の日時

 ・面接を行う場所と担当者

 ・面接に持参するものはあるか(履歴書など)

実際にかけたときの「トーク例」

あなた:お忙しいところ恐れ入ります。○○求人を見てお電話させていただきました〇〇と申します。アルバイトの採用担当者はいらっしゃいますか?

(はい、私です。)

あなた:初めまして、〇〇と申します。〇〇求人に載っているアルバイト募集は、まだ応募中でしょうか?

さらに詳しい”応募するときの「電話マニュアル」”はこちら

電話で予想外のことが起こったときの対処法

いざ勇気を出してバイトの募集電話をしたものの、使用担当者が忙しくて「かけ直し」を求められたり、留守電につながったり…と想定外のことが起こったときの対処法をご紹介します。

「後でかけ直して」「折り返して」と言われたら

バイト募集や問い合わせの電話をしたものの、採用担当者が忙しいなどタイミングが合わないときは「後でかけ直して」と言われることがあります。

相手の都合のいい時間を確認して、指定の時間にもう一度かけ直しましょう。

トーク例》

(すみません、今、手が離せないので、後でかけ直していただけますか?

あなた:わかりました。何時頃がご都合よろしかったでしょうか?

(15時頃だと落ち着いているかと思います。)

あなた:わかりました。では、15時に改めてお電話させていただきます。お忙しいところご対応いただき、ありがとうございました。失礼します。

 忙しいときに対応してもらったことに対し一言お礼を言うことで担当者に好印象を与えます。

担当者が不在だった場合

アルバイト募集を受けつける担当者は、仕事の合間を縫って対応しているため、外出中などにより対応できない場合があります。

そんなときでも、スムーズに対応するためのマニュアルを紹介します。

トーク例》

(申し訳ございません。あいにく担当者の〇〇が外出しておりまして。

あなた:そうですか。では、〇〇様のお戻りは何時頃の予定でしょうか?

(15時帰社予定です。)

あなた:わかりました。それでは、15時に改めてお電話させていただきます。その旨お伝えいただけますでしょうか?

(わかりました。)

あなた:ありがとうございます。失礼します。

 帰社予定の時間を復唱して、聞き間違いのないようにしましょう。

留守電につながった場合の対処法

受付時間内、営業時間内にも関わらず、留守電メッセージが流れた場合は、自分の名前とアルバイト応募の旨を残して電話を切りましょう。

時間をおいてかけ直してみても、留守電になる場合は、自分の連絡先を伝えて、折り返しを待ちましょう。

トーク例》

あなた:〇〇求人情報を見てお電話した〇〇と申します。また、改めてお電話させていただきます。失礼します。

 《自分の連絡先を残す場合》

あなた:先日、〇〇求人を見て、アルバイトの募集でメッセージを残させていただきました〇〇と申します。アルバイトについてお聞きしたく、お手数ですが、ご都合の良いときに080−〇〇〇〇−〇〇〇〇まで連絡いただけると幸いです。よろしくお願いします。

 上記のように対応メッセージを入れておけば問題ありません。

ただ、留守電を残すのが恥ずかしい人、うまく伝えられない人は、留守電になった瞬間に切ってしまっても問題ありません。

様子を見てかけ直せば大丈夫です。

バイト応募の「ネット」マナー

ネットで応募する場合は、Web上に用意されている応募フォームに、氏名や連絡先など必要事項を記入して応募するのが一般的です。

その際に気をつけたいのは、入力ミスです。

特に、電話番号やメールアドレスなど自分の連絡先は、間違えないように気をつけましょう。

いざ、間違えた情報を送ってしまった場合は、求人情報の問い合わせ先に連絡して、正しい連絡先を伝えましょう。

その後、応募したけれど・・・。

応募したものの、その後、連絡がなかったり、取り消したくなったり…そういった場合の対処方法を紹介します。

「応募したものの折り返しの連絡がこない・・・」

「申し込んだけど、取り消したい、辞退したい・・・」

まとめ

いかがだったでしょうか?

バイト応募についてまとめて見ました。

実際に応募するときは緊張して何を話したらいいか分からなくなったり、話がスムーズにできなくなったりします。

実際に電話をかけるときは上で書いたようなことを一度確認してから電話するようにしましょう。気持ち的にも楽になります。ぜひ参考にしてみてください。