ryosukelog

〜より快適な生活を求めて〜

バイト応募の「電話トーク」マニュアル

f:id:khrrtrrt:20200301184812j:plain
こんにちは。

電話でバイトの募集をするときには、丁寧な応対を心がけることが大切です。

電話対応にはポイントがあるため、それを押さえていれば、不安になることもありません。

電話をかける前の準備から、電話中の応対、予期せぬピンチのときの対処法など、ぜひ知っておきたい電話マナーをご紹介します。

電話をかける前の準備

電話をかける前には、まずスケジュール帳とメモ帳を用意しましょう。

スケジュール帳は、電話で面接の日程を決めることになった場合、手元にあればスムーズに話が進みます。

またメモ帳は、あらかじめこれだけは聞いておきたいといった項目を書いておいて、電話で伝えられた条件などを書き留めたりするために大切です。

「チェック事項」

 ⚪︎応募する求人情報

 ⚪︎メモ帳、ペンなど書くもの

 ⚪︎自分のスケジュール

 ⚪︎スマホや携帯の電波状況

 ⚪︎周囲の状況(雑音が少ない場所か)

電話をかける時間帯

電話のかけ方のポイントの1つは、タイミングです。

求人情報を確認し、「受付時間」や「営業時間」と書かれている時間帯に電話をかけましょう。

その時間外にかけてしまうと、つながらなかったり、相手の迷惑になってしまったりする可能性があります。

またカフェやファミレスなどの飲食店、コンビニなどの店舗では、お客さんで混み合いそうな正午や夕方は避けるようにしましょう。 

 →→電話をかけるおすすめ『時間帯』

バイト応募の「電話のモデルトーク」〜基本編〜

まず、基本的なバイトの応募電話の話し方です。事前に答え方や話し方をシュミレーションしておくと落ち着いて対応できるようになります。 

あなた:お忙しいところ恐れ入ります。〇〇のアルバイト求人を見てお電話いたしました、〇〇と申します。採用担当の 〇〇様はいらっしゃいますでしょうか?

(私が〇〇です。)

あなた:はじめまして。〇〇のアルバイト募集の応募についてお聞きしたく電話しました。今、お時間よろしかったでしょうか?

(はい、大丈夫です。)

あなた:ありがとうございます。こちらのアルバイトの募集に興味があるのですが、まだ、応募可能でしょうか?

※募集内容で確認したいことがあれば、この段階で確認しましょう。

(はい、募集していますよ。)

※ここで学生か聞かれる場合もあります。

あなた:ぜひ応募させてください。

(わかりました、面接に来ていただきたいのですが、○月○日○時頃はいかがですか?)

《提案された日時の都合が悪かった場合》

あなた:申し訳ございません。その日は予定がありまして、他にご都合の良い日にちはありませんか?

《日程調整できた場合》

あなた:○月○日○時ですね、わかりました。当日はお店に〇〇様をお伺いすればよろしいでしょうか?

※当日は「バイトの面接に来ました」と定員さんに伝えれば基本対応してもらえます。

(はい。)

あなた:わかりました。当日何か持参するものはありますか?

(履歴書を書いて持ってきてください。)

あなた:わかりました、ありがとうございます。失礼します。

※この後、担当者が電話を切ってから切りましょう。

応募するか、募集内容を確認してからにしたい場合

シフトの希望など、働くかを決める重要なポイントで疑問がある場合は、正式に応募する前に、質問をして、クリアにしてから応募の意思を伝えましょう。

あなた:応募させていただく前にシフトについてお聞きしたく、求人情報に「シフト応相談」とあるのですが、週○日程度が希望なのですが、応募可能でしょうか?

(質問に対して答えます)

《結果、断る場合》

あなた:わかりました、一度検討させてください。再度連絡させていただきます。お時間をいただき、ありがとうございます。失礼します。

※応募する気が無くても「再度連絡します」と言って良いです。担当者も今後連絡がない場合は、応募をやめたと判断します。

バイト応募の電話〜予期せぬ場合の対応〜

採用担当者が不在だった場合

担当者がいつ戻るか確認してから、改めて電話し直すようにしましょう。

「わかりました、では何時頃かけ直せばよろしいでしょうか?」

 相手から時間を指定されたら

「(日時を復唱)○日の○時に改めて電話させていただきます。ありがとうございました。失礼します。」

と言って切りましょう。

かけ直すよう言われた場合

「お忙しいところ、大変失礼しました。何時頃がご都合がよろしいでしょうか?」

と時間の確認をし、時間を指定されたら

「わかりました、(担当者から指定された時間)にまたお電話させていただきます。よろしくお願いします。失礼します。」

と電話を切って改めてかけ直しましょう。

折り返すと言われた場合

もし自分に予定がある場合は

「○○時〜○○時の間にお電話頂けるとありがたいです。」

とお願いし、電話を切りましょう。

留守電になってしまった場合

メッセージを残してもいいですが、基本は残す必要はありません。

留守電になったらすぐに切りましょう。

時間が経ってからかけ直しましょう。

電話が途中で切れてしまった場合

すぐにかけ直し、

「電波が悪く、電話が切れてしまい申し訳ございません。」

と謝ってから話を続けましょう。

折り返しの電話がかかってこない場合

採用担当者が多忙である場合があるため、1日程度は待ちましょう。

もしかかってこない場合は、こちらから再度電話してみましょう。

※折り返しがない場合は忙しすぎたり、バイト採用をしっかりしておらず、ブラックの場合もあるので注意しましょう。

かけ直すよう言われたが、担当者の名前がわからない場合

採用担当者の名前を言わなくても伝わる場合があるため、まずは、

「採用担当の方はいらっしゃいますでしょうか?」

と聞いてみましょう。

もし名前がわからないと特定できない場合は、正直に

「誠に申し訳ございません、担当の方のお名前を忘れてしまいました。」

などとお詫びして、探してもらうようにしましょう。 

かけ直すよう言われたが、会社ではなく個人の携帯電話の番号だった場合

アルバイト採用担当者は、業務に携帯電話を使用していることもあります。

個人の携帯番号を教えられたら、まずその番号にかけてみましょう。

相手が電話に出たら、念のため

「私〇〇のアルバイトに応募しております〇〇と申します。〇〇様の携帯電話でしょうか?」

と聞きましょう。

かけ直すよう言われたが気づかず、1日以上経ってしまった場合

気づいた時点ですぐに電話しましょう。その際に

「急用があり、かけ直しができませんでした、大変申し訳ございません。今後こうならないよう気をつけまます。」

とお詫びの言葉を添えると良いでしょう。

ただ、この時点で不採用にされる場合もありますので、忘れることのないようにしましょう。

〇〇時にかけ直して欲しいと言われた場合

指示の通りの時間にかけ直します。自分の名前とともに、

「採用担当の〇〇様に、〇〇時にかけ直すよう言われ、電話しました。〇〇様はいらっしゃいますでしょうか?」

と申し出ると分かりやすいです。

〇〇時にかけ直して欲しいと言われたが、その時間は電話できないので調整したい場合

電話で正直に、

「〇〇時ですと都合が悪く、かけ直すことができません。ご迷惑でなければ、〇〇時はいかがでしょうか。」

などと提案してみましょう。

電話をもらっていたが、電話に出られなかった場合

すぐに折り返し、

「本日○○時にアルバイトの件でお電話いただいた〇〇と申します。担当の〇〇様はいらっしゃいますでしょうか。」

と連絡を入れて、

「外出中だったため電話に出られませんでした。」「移動中で電車に乗っており、電話に出られませんでした。」

などと理由を説明し、お詫びしましょう。

まとめ

アルバイト募集では、電話のかけ方によって採用担当者が抱く印象が変わってきます。

自分の長所をアピールするためには、まずは電話に基本的なマナーを身につけておくことが前提です。

紹介したトーク例などを活用しながら、希望のバイト先にチャレンジしてみましょう。

→→バイト応募の電話のかけ方・Web応募のまとめ