ryosukelog

〜より快適な生活を求めて〜

カフェ、喫茶店バイトのメリット・デメリット

f:id:khrrtrrt:20200204223222j:plain

こんにちは。

今日はカフェ・喫茶店バイトのメリット・デメリットについて紹介していきます。

カフェ・喫茶店バイトってどういうバイト?

カフェ・喫茶店バイトは大学生の定番人気バイトです。カフェのおしゃれな雰囲気やコーヒーの持つ大人の魅力が多くの大学生を惹きつけています。

仕事内容

また、仕事量も他の飲食店と変わらず、その主な仕事内容は以下となっています。

店内の清掃、レジ打ち、キッチン業務、配膳などです。基本的には他の飲食店バイトと同様にホールとキッチンに分かれます。

しかし、お店の形態によっては以下のような異なる点があります。

・定員が食事を運ぶ形式

・セルフサービス

定員が運ぶ形式はファミレスやレストランなど他の飲食店でも採用されています。

お客さんのオーダーをとってお客さんの席まで運びます。

対して、セルフサービス式では、お客さんがレジで注文したものをお客さん自身で席まで運んでもらうことになります。

セルフサービス式の場合、定員が食事を運ぶ必要がないのである程度仕事は楽になります。

もちろんゴミ箱の掃除はこまめに行わなければなりません。セルフサービス式を採用しているお店はチェーン店が多く、スターバックスドトールコーヒーがあります。

個人経営などのお店によっては、お店の前に置く広告などを作るポップ作りもあり、そういった点でのやりがいや楽しさもあります。

時給

時給は800円〜1000円程度と他の飲食店とほぼ同等です。

あまり高くはありません。

バイト先選びのポイント

カフェ・喫茶店といってもお店の形態は様々です。

ファーストフード店のように元気の良い接客が求められることもありますし、静かな大人な雰囲気の接客が求められる場合もあります。

一度もお店に行かずに決めてしまうのはNGです。自分で何度か訪れてみて自分に合った雰囲気、形式を見極めてからバイトの面接を受けるようにしましょう。

カフェ・喫茶店バイトのメリット・デメリット

他の飲食店より接客が楽

ファミレスでは、必ず食事の注文があったり、居酒屋はお酒やつまみなど細かな注文が多いため比較的に忙しいです。

対して、カフェや喫茶店に来るお客さんは1人で訪れてコーヒー1杯で過ごす方や少人数の友達と訪れて談笑を楽しむお客さんがほとんどです。定員は、お客さんと軽度のコミュニケーションで済むのが利です。

もちろん場所によって、1日中行列ができるようなお店もあるので、そういったお店では忙しい場合もあります。

コーヒー好きにはたまらない

カフェ・喫茶店では数多くの種類のコーヒーを見つけたり、エスプレッソやモカなど未知の領域に手を広げるのも面白いでしょう。

もちろん、店舗に応じてクーポン配布や定員割引もあるので存分に使ってください。

店内や制服のおしゃれな雰囲気が魅力的

お客さんが長居しても苦痛にならないように店内の内装や音楽はおしゃれで落ち着いた雰囲気を保ってます。そこにいる定員も居心地がいいのは当然です。

居酒屋などのようにガヤガヤした雰囲気ではないですし、ゼロとは言いません、むやみに絡んでくるお客様もいません。気軽に働ける環境も魅力的です。

また、制服もお店に合ったおしゃれなものが多いですし、それを着ること自体楽しみになります。

カフェ・喫茶店バイトのデメリット

身だしなみには厳しい

上にも書いたようにお店は落ち着いた雰囲気を大事にしています。

ですので、そこで働いた定員も清潔感のある身だしなみが求められます。髪の色、ネイル、パーマNGなど指摘されることがあることを覚えておきましょう。

そもそも飲食店なので清楚感のある格好は当然です。

少人数ゆえに出会いが少なめ?

カフェや喫茶店はセルフサービスのお店が多いため、少人数で回すお店が多いです。

バイト仲間とはあまりシフトが被らなかったりと大人数との交流は望めないかもしれません。

ただし、少人数と深く交流することができる可能性があることも忘れてはいけません。