ryosukelog

〜より快適な生活を求めて〜

コンビニ/スーパーバイトのメリット・デメリット

f:id:khrrtrrt:20200130222748j:plain

こんにちは。

今日はコンビニ、スーパーバイトのメリット・デメリットについて紹介していきます。

コンビニ、スーパーのバイトってどんなバイト?

仕事内容

コンビニはほとんど24時間営業、スーパーは朝10時〜夜10時や24時間営業が多く、働く時間は長めに確保できます。長時間働けるので、稼ぎたい人にはおすすめです。

さらにコンビニ、スーパーは店舗も非常に多いため、求人数は多いです。大まかな仕事内容は、商品の品出しや陳列、レジの接客、お客さんの商品に対する質問への対応、店内の掃除などです。

コンビニの特徴

最近は、上記の仕事に加えて宅配便・DPE・切手や収入印紙販売・ファーストフード・コーヒーマシン・公共料金支払い・チケットの発券などの仕事が増えました。

業務数は圧倒的にスーパーよりも多いです。

スーパーの特徴

時間帯によってレジの行列が長くなり、数十分レジ打ちを続けることもあります。

時給

時給は平均で750円〜900円程度で、深夜は25%増しになります。

この仕事は、時給が低くてもたくさんバイトに入って稼ぎたい学生に向いています。

コンビニ、スーパーバイトのメリット

単純な仕事内容

仕事内容は先ほど簡単にまとめましたが、コンビニやスーパーがバイトとして人気がある大きな理由の1つです。

接客マニュアルもありますが、お客さんへの対応もほとんど同じものの繰り返しで単純です。

また、覚える仕事は増えましたが、一度覚えてしまえば、深く考えずに仕事をこなすことができます。

単純な仕事なので非常に楽です。

一度覚えてしまえば他のコンビニやスーパーでも応用できます

シフトを組みやすい

コンビニやスーパーは営業時間が朝から晩までと非常に長いのため、自分の空き時間に都合良くシフトを入ることができます。

さらに店舗数も多いため人手不足の場合が多く、たくさんバイトを入れたい学生に向いています。

シフトも削られにくいです。

接客に厳しい指導がない

コンビニやスーパーは接客マニュアルがあるものの飲食店ほど厳しい指導はされません。

茶髪もOKですし、身だしなみも厳しくなく言葉遣いも最低限のものしか指導されません。

ゆるい環境でバイトをしたい学生に人気です。

コンビニ、スーパーバイトのデメリット

時給が低い

他のバイトに比べると単純な仕事内容のため、時給が低いです。(深夜は高い)

時給が低くても仕事内容の単純さやシフトの組みやすさから人が集まります。短い時間にたくさん稼ぎたい人には向いていません。

しかし、空き時間があっても時給が900円で3時間しか働けない職場と時給800円のコンビニで4時間働くのであったら身入りはコンビニの方が多くなります。一概に時給だけで決めず、働く環境も考えてみましょう。